森の365日 お知らせ

ヴァンジ彫刻庭園美術館「生きとし生けるもの」

投稿者 admin 投稿日時: 2016/08/30 22:21:00

静岡県長泉町・クレマチスの丘「ヴァンジ彫刻庭園美術館」で、宮崎学のフクロウ写真展ほか、14名の作品がみられる「生きとし生けるもの」展が開催されています。10月30日(日)にはシンポジウムが開かれ、基調講演で宮崎学が講演をします。

>展覧会特設サイト

2016-08-30_222749.jpg

クレマチスの丘、IZU PHOTO MUSEUMで宮崎学が写真展を開いてから2013年のことでした。それから2年、今年はおとなりのヴァンジ彫刻美術館で、「生きとしいけるもの」という展覧会に出品しています。

シンポジウムでは宮崎学が基調講演をするそうです。

お近くの方はぜひおでかけください。 http://all-living-things.com/

 


 

展覧会情報

展覧会名
生きとし生けるもの
会期
2016年7月24日(日)—11月29日(火)
開館時間
7–8月 10:00–18:00/9–10月 10:00–17:00/11月 10:00–16:30(入館は閉館の30分前まで)
休館日
水曜日(祝日の場合は翌日休)
入館料
7–10月 大人1,200円(1,100円)/ 高・大学生800円(700円)/ 小・中学生500円(400円)
11月 大人1,000円(900円)/ 高・大学生500円(400円)/ 中学生以下無料 *( )内は20名様以上の団体割引
主催
ヴァンジ彫刻庭園美術館
〒411-0931 静岡県長泉町東野クレマチスの丘347-1
Tel. 055-989-8787 / Fax. 055-989-8790
後援
静岡新聞社・静岡放送、沼津市教育委員会、三島市・三島市教育委員会、長泉町教育委員会

 

 


シンポジウム 「生きとし生けるもの」

今を生きる私たちにとって、動物とはどういう存在なのでしょうか。
展覧会参加作家の活動や作品にまつわる声に耳を傾け、さまざまな芸術の表現から現代の人と動物の関係を考えます。

日時
10月30日(日) 12:30‒17:00
出演
新居幸治、管啓次郎、染谷悠子、中谷ミチコ、西島大介、橋本雅也、宮崎学、ムラタ有子、森啓輔
定員
150名 全席自由 要予約
料金
無料
会場
クレマチスの丘ホール(ヴァンジ彫刻庭園美術館隣接会場)
予約方法
お電話にてお申し込みください。
クレマチスの丘コミュニケーションセンター
Tel. 055-989-8785(水曜休)

 


 

2016-08-30_222922.jpg

 

 

2016-08-30_223259.jpg